« 特開金 | トップページ | 議事録 »

60歳以降

会社で年金の話になると決まって60歳以降の賃金の話になりますが、具体的には会社は動いていないみたいですね。つまり60歳以降は賃金と在職年金と職安の高年齢継続給付の3本立てにして賃金を下げる。この場合、会社側はかなりの人件費節約が出来るはずなのですが同じ仕事に対して賃金を下げることは「言いにくい」現状があると思います。いまは「まぁいいか」で済んでいる会社もこの経営環境下では検討の余地がありますよ。

|

« 特開金 | トップページ | 議事録 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。